自分をプレゼン実行委員会(協力:ICT救助隊)は、2024年3月2日(土)、ウインク愛知にて「ALS患者さんに聞こう!自分をプレゼン!名古屋場所」を開催します。また、ZOOMでの配信も行います。
JPA理事の恩田聖敬さんはじめ、愛知県と岐阜県に在住の5名のALS当事者が登壇し、今の思いを伝えます。

 「自分をプレゼン!」は、2018年のスタート以来、54名のALS当事者のみなさんに登壇いただき、当事者ご家族やサポートされる方をはじめ、多くの医療・介護職のみなさまにご参加いただいております。
 記念すべき第10回となる今回は、特別企画として登壇者でもある藤田美佳子さんが描くイラスト作品展、並びにALS当事者とその生活を撮り続けている写真家、武本花奈さんによる写真展『THIS IS ALS~難病ALS患者からのメッセージ~』を同時開催いたします。
 会場には意思伝達装置も多数展示しておりますので、この機会にぜひご体験ください。

3月2日開催JPA理事の恩田聖敬さん登壇第10回ALS患者に聞こう自分をプレゼン名古屋場所開催
「自分をプレゼン!」とは

 自分をプレゼン!では、当事者プレゼンターが病気になってからの思いや、悩み、発見、今の生き方などについて、真正面からプレゼンテーションを行います。
 プレゼンターの方にとっては自分を棚卸しする機会として、病気を告知されて間もない方やサポートされるご家
族や支援者、介護・福祉・医療関係の方々にとっては、「横の繋がり」を作ると共に、まだ知らない様々な「選択肢」を知っていただくことで、出そうで出ない「あと一歩」をお手伝いする機会となれば幸いです。

開催日時

2024年3月2日(土)
13時から16時

開催場所

ウインクあいち 11階 1103会議室(Zoomでの配信あり)

ウインクあいちまでのアクセス https://www.winc-aichi.jp/access/ (ウインクあいちのウェブサイトへリンク)

  • ビル内駐車場あり
    障害者用は、地下2階に2台、地下3階に1台ございます。
  • 障害者トイレあり
    各階に車椅子専用トイレがあります
  • 当日お手伝いが必要な方は、申し込みフォームにその旨をご記載ください。

参加費

会場参加・オンラインともに無料
ただし、会場参加の定員は最大50名

寄付チケット
  • 会場参加寄付チケット ¥1,000
  • 会場参加寄付チケット ¥3,000
  • 会場参加寄付チケット ¥10,000

参加方法

事前のお申し込みが必要です。下記URLへアクセスしてお申込ください。

自分をプレゼン! Vol.10 in Nagoya (+Zoom) | Peatix (Peatixのウェブサイトへリンク)

  • 新型コロナウイルス感染対策のため、会場参加は50名に制限させていただきます。
  • 会場参加ご希望の方は、チケット申し込みの際に「会場参加チケット」をご選択ください。
  • 人数把握のため、会場に来られる方全員のお申し込みが必要となります。
  • ご寄付をいただける方は、チケット申し込みの際に「寄付チケット」をご選択ください。

タイムスケジュール

  • 13:00 ご案内
  • 13:05 開会挨拶 自分をプレゼン実行委員会長 真下 貴久 氏
  • 13:10 恩田 聖敬 さん(JPA理事/岐阜) 「私の履歴書(仮)」
  • 13:40 飯島 伸博 さん(愛知) 「独居ノススメ」
  • 14:10 藤田 美佳子 さん(愛知) 「今日も、明日もみんなが笑顔でいられますように」
  • 14:40 休憩
  • 15:00 加藤 光信 さん(岐阜)「病になっても目指して来た事、目指す夢」
  • 15:30 川西 正彦 さん(愛知)「ALS患者を25年過ごして判ったこと」

特別企画 写真展、イラスト作品展、意思伝達装置体験会

会場:ウインクあいち 11階 1103会議室
時間:10時30分から12時

  • 写真家の武本花奈さん 写真展『THIS IS ALS〜難病ALS患者からのメッセージ〜』
  • プレゼンター藤田美佳子さん イラスト作品展
  • 意思伝達装置体験会

イベントサイトURL

https://www.presenmyself.com/

主催・協力

主催:自分をプレゼン実行委員会 
協力:NPO法人 ICT救助隊

この件のお問い合わせ

自分をプレゼン実行委員会
電話番号:03-6426-2159
メール:presenmyself@yahoo.co.jp ※アットマークは半角に置き換えてください。

以上