大阪難病相談支援センター、特定非営利活動法人大阪難病連および大阪府は、2024年2月25日(日)に、府民のつどい×RDD大阪 シンポジウム「お薬がいち早く届くために私たちにもできること」を、ハイブリッドで開催します。なお、JPA理事の大黒宏司氏が登壇します。

 今回のシンポジウムでは、お薬ができるまでの基本、難病領域における患者・市民参画の現状を学び、「ドラッグロス」等の問題に対して、お薬がいち早く届くために私たち患者にもできることを皆さんとともに話し合いたいと思います。ぜひお気軽にご参加ください。参加費無料です。

開催日時

2024年2月25日(日)13:00~16:00
開場12:30

開催方式・定員

ハイブリッド開催

  • 会場:先着50名
    エル・おおさか 606号室
    大阪府立労働センター:大阪市中央区北浜東3-14
    アクセス https://www.l-osaka.or.jp/access/
  • オンライン(Zoom):先着100名

プログラム

第1部 基調講演(13:10~14:10)

  1. 新しいくすりができるまで ~「治験」にまつわる話題を中心に~
    講師:中前 修一氏(武田薬品工業株式会社 R&Dジャパンリージョンストラテジープランニングオフィス)
  2. 難病領域における患者参画・市民参画
    講師:西村 由希子氏(特定非営利活動法人 ASrid理事長、RDD日本開催事務局)

第2部 トピックス(話題提供)(14:25~14:55)

  1. 医薬品開発の現状と課題「ドラッグロス」について
    中前 修一氏(武田薬品工業株式会社)
  2. 大阪難病連が考える「患者市民参画」
    大黒 宏司氏(特定非営利活動法人大阪難病連 常務理事/JPA理事)

第3部 パネルディスカッション(15:10~16:00)

お薬がいち早く届くために私たちにもできること

対象

患者ご本人およびそのご家族、支援者、関係者の方

参加費

無料

参加方法

ご参加には、事前申込が必要です。
下記URLの専用フォームからお申し込みください。

>> 参加申込専用フォーム

定員に達した場合は、申込を締め切らせていただきます。

※参加申込フォームをご利用になれない方は、大阪難病相談支援センターへ電話またはEメールでお申し込みください。

  • 電話:06-6926-4553(平日10:00~16:30)
  • Eメール:inform@nanbyo.osaka ※アットマークは半角に置き換えてください。
    ※Eメールでお申し込みの際、「ご氏名」「患者当事者、患者の家族、支援者(行政・医療関係者含む)、その他のいずれか」「参加方法(会場又はオンライン)」をメール本文に記載してください。

主催

この件のお問い合わせ

大阪難病相談支援センター
URL:https://www.nanbyo.osaka/
電話:06-6926-4553(平日10:00~16:30
Eメール:inform@nanbyo.osaka ※アットマークは半角に置き換えてください。

以上